食欲との終わりなき闘い

 

僭越ながら私は、いわゆるボディメイクというものを嗜んでいる。

 

いけてるカラダになりたいの。

 

そんな身もふたもない動機からスタートし、

かれこれ三年目である。

 

学生時代はごりごりの体育会所属であり、

食えよ増やせよ(体重を)の世界で生きてきた。

その辺のことは過去にも書いている。

お弁当という言葉が想起させる絶望的なトラウマ - 気儘なエクリチュール

 

とにかく食べる量が尋常ではないのだが、

それを上回る運動量によって、体重は漸減もしくはキープといった生活であった。

 

そんな飲み会での残飯処理マシーン

が社会に放たれ、運動をしなくなったらどうなるか。

 

聡明な私には即座に予測がついた。

 

太る、と。

 

そこで、どうしても太りたくない私は、大学卒業とともに食事制限と筋トレを始めたのだ。

 

筋トレは学生時代からやってきたため、それを続ければ問題はないとして、

食事制限、こいつが強敵だった。

 

これまでの異常なご飯の量から、

もう通常の食生活では満足できないカラダになってしまっていた。

 

ガマンできないの.........♡

もっとちょうだい?

と上目遣いでおねだりしてくる胃や口や脳みそ

に対し、

 

お前なんかサラダチキンだけ食べときゃいいんだよ!

 

と突き放すことの辛さたるや。

 

1日1000kcalほどで過ごす毎日.....

(良い子は真似しないでください。ほんとに。)

 

 

俺だって本当はお前に幸せな思いをさせてやりたいんだよ......

 

と夜毎ベットで泣き濡れる生活。

 

この一人二役で乗り切ったといっても過言ではない。

 

それから三年、、、

おかげで私の胃は小さくなったかと言うと、

 

むしろ肥大した。

 

普段節制を強いられていると、2週間に一度くらい、猛烈にガマンが出来なくなり、

爆食いしてしまうのだ。

それはもう本能のようなもので、抗えない。

 

その時にものすごい量を食べてしまうので、

胃が以前より大きくなった。

 

基本的に節制はできているから体重も減ったのだけれども、胃は膨らんだ。

 

だから、この食生活に慣れるどころか、

日毎辛さを増しているのではと思わざるを得ない。

 

 

なにごともやりすぎはよくないということを思い知った話。