雨は毛布のように

今週のお題「雨の日の過ごし方」

 

雨が好きか嫌いか、という質問を投げかければ、

大多数の人は嫌いだ、と答えるのではないだろうか。

 

濡れるし、

バーベキューとか中止になるし、

髪とか湿気で葛飾北斎並のうねりを見せ出すし。

そもそも傘を持っていることだけで、

人体の最高傑作であるの片方が機能不全になる。

カバンですら持ちたくない私には致命傷なのである。

 

カバンの中身から見る人間性についての研究 - 気儘なエクリチュール

 

あと濡れるし。

 

かくいう私も雨の日は大嫌いであった。

雨が降れば授業を休み、

雨が降りそうなら我が家に籠城を決め込む。

そして自宅にて

「やることがない!」

とうろうろすることこそが、雨の日の過ごし方だと信じて疑わなかった。

 

だがしかし、である。

そんなヘイト荒天の権化である私に、変化が訪れている。

 

それは過去にイギリス留学に訪れたことが大きいかもしれない。

 

イギリスはとにかく雨が多い。

雨か曇りか、そうでなければその真ん中か、

みたいな天気がずっと続く。

一説によると、イギリス人の中には、「晴れ」という単語が存在しないそうだ。

 

だからなのか、イギリス人ぜんっぜん傘差さないのな。

 

みんなちょちょいとパーカーのフードを被り、何の気なしに歩いている。

 

そんな姿をみてイギリスナイズドされたい私は早速真似してみる。

 

意外と悪くないじゃない。

 

雨が毛布のように(タイトル回収)しとしとと私を包み込み、非常に心地よい。

(ちなみに「雨は毛布のように」はキリンジというアーティストの曲です。おすすめです。)

 

知らないとは思うが、私の雨が嫌いな理由ランキング1位は、濡れた後の服とかの処理である。

 

濡れるのは構わないが、その状態で建物に入り、濡れを波及させてしまうのがいただけない。洗濯とか面倒い。

 

ただ、ホームステイであった私は、濡れた服を洗濯機に放り込んでおくだけで、翌日にはしっかり乾いて戻ってくる環境にあった。

 

この環境によって、雨も悪くないじゃない派に傾いたのである。

 

こうしてすっかりイギリスかぶれになった私は帰国後、

しばらくの間は傘を差さないことに誇りを持っていた。

 

ただ、やっぱり濡れたくないよなあという本能が目覚め、

さらには周囲からのあいつ濡れすぎじゃね?的な視線が気になりすぎて、

 

私はそっと手に傘を持つことにしたのだ。