ゲン担ぎをしないというゲン担ぎ

今週のお題「ゲン担ぎ」

 

例えば大事な試合の前に、

例えば重要な商談の前に、

 

人はそわそわする。

 

万全の準備をしたはずなのに。

もうあとは天命を待つだけなのに。

 

それなのに、そわそわする。

 

だから人はゲンを担ぐ。

 

私の大学時代の同級生には、試合前に必ずグラウンドに右足から入る人がいた。

 

その友がある試合の開始直前、整列している時に横にいる私にこそっと耳打ちしてきた。

 

「今日左足から入ってしまった。もう無理や。勝たれへん。」

 

この発言を聞いたとき、

「勝たれへんってなんだよ。勝とうよ。お前の左足はそんなに邪悪なのか?確かにちょっと臭いなとは思ってたけど。それは右足もだろう?」

 

と妙に冷静に思ってしまった。

そこで、

「大丈夫。お前は左足もすごいよ(主に臭いが)。」

と意味不明な慰めをしておいた記憶がある。

 

案の定その試合の彼は散々な結果だった。

 

試合後に私は彼に言った。

「果たしてそれはゲン担ぎなのだろうか。

むしろマイナスに作用してないか?

ここまでくるとゲン担ぎというより呪いなのではないか。

だとしたら、ゲン担ぎをしないという行為をゲン担ぎとすることが、最も安全なのではないか。」

 

その次の試合、彼は左足からグラウンドに入った。

今までのゲン担ぎをなくすためだ。

 

またその次の試合、今度は右足からグラウンドに入った。

その次は左足、右足、左足、、、、

と気づけば彼は交互に踏み入れていた。

 

「右足の次は左足にしないと、ゲン担ぎになってまう。左足の次は右足にしないと、前と同じようなことになってまう。だから交互にしてんねん。」

 

新たなゲン担ぎが生まれた瞬間である。

それも前より複雑になってる。

 

どうせ

「前の試合どっちの足から入ったか忘れてもうた!」

とか言うんだろ?なあ?

 

 

この一件以来、私はゲン担ぎをすることを完全に辞めた。

 

頼ってもいいことがない。

 

 

 

ただ、ゲン担ぎってカッコいいですよね。

「大事な商談の前夜は、必ず靴を磨くんです。

磨きながら、今までの準備を思い出して、明日のイメージをするんです。」

 

これだけで、さながら情熱大陸である。

てってってーてーてー  である。

なんか、かっこいいゲン担ぎが欲しいなあとも思う今日この頃。