坐禅で坊さんに心を乱された話

 

最近ミャンマーミャンマー言いすぎて、

日本の文化を忘れそうになってきたので、

坐禅をしにいったときのことを書きたい。

日本の文化じゃ。

 

 

私は筋トレが大好きである。

 

いきなり何を言い出したのか、と思わないでほしい。

最後まで聞いていただきたい。

 

私の中で筋トレはもはや趣味の域を超えて日常。

生活から切り離せないものとなっている。

それまでは趣味=筋トレというかわいいものだったのだが、ついにそんなレベル感ではなくなってしまったのだ。

 

突如趣味を失った私は趣味を求めてネットの海に飛び込んだ。

 

すると、鎌倉で坐禅体験ができるという記事を発見。

 

これだ。

 

筋トレという動的なものから、反動でその対極的なものを求めていたのだ。

 

まさに。

 

とネットの海から上がった私は、まだ濡れたままの体で鎌倉に向かった。

 

北鎌倉駅を降りてすぐにある、円覚寺

ここで坐禅ができるらしい。

しかも無料で。予約も必要なかった。

 

集合時間に所定の場所へ向かうと、

なかなかな行列。

列の後ろの方の人は、坐禅会場に入りきらず、

その横の玄関みたいなところでやるはめになってた。

 

私はというと..........

 

ど真ん中最前。

 

テレビの観覧みたいに横に並んでの最前列ではなく、

縦の配列である。

部屋の正面から縦に6列ほど。

その中の真ん中の列の一番前。

 

初心者が座るには荷が重すぎる位置である。

 

異常な緊張を感じつつ待っていると、

お坊さん登壇。

 

坐禅の基本や考え方などを説く、

坊's show timeが始まった。

 

どんどん熱が入り、饒舌になっていくお坊さん。

盛り上がりが最高潮に達した時、突如として

客振りを始めたのである。

 

無作為に指名し「今日は何で坐禅をしようと思ったのですか?」と聞き回る。

 

聞き回る。聞き回る。。聞き回る。。。

 

けっこうたくさん聞くんだな。

 

軽く10名ほど聞いていただろうか。

 

もう終盤の方とかネタ切れ感ありましたよ。

「同じこと言ってすいません」感でてましたよ。

 

ようやく所定の位置(私の目の前)に戻ってきたお坊さん。

 

ついに始まるのか....

と覚悟していた矢先、

 

「あなたは何で坐禅をしようと思ったのですか?」

 

完全な不意打ちが私を襲ったのである。

 

そのあまりにも見事な奇襲は、私の思考を混乱させるのに十分であった。

 

「いや、え、あの、、日本人として、日本の文化を知るべきなのかなと思いまして.....」

 

 

やたらウケました。

 

お前は何者なんだ、みたいな発言が受けたのでしょう。

 

お坊さんも笑ってるし。振っといて笑ってるし。

 

どう考えてもオチに使われた私は完全に錯乱状態。

プチパニック。

 

そんな私を嘲るように、お坊さんが

「では、始めます」

 

このままでは坐禅どころではない、

慌ててポーズをとり、集中、集中と乱れた心を正そうとするも、圧倒的なアドバンテージを抱えたため、なかなかうまくいかない。

 

 

その時

バァンッ‼︎‼︎

 

と突如爆音が轟いた。

坊さんが開始の合図の鐘を鳴らしたのである。

 

なぜ鐘がこのような爆音をさせるのか、

それは私の目の前にその鐘があったからである。

それもかなり大きめの。

 

この音のせいで私の心は千々になってしまった。

心を平静に戻すので精一杯だった。

 

どうせ終わりの合図でまた爆音来るんでしょ?わかってるんだよ?

 

と気持ちはさながら"絶対に驚いてはいけない坐禅体験"

 

案の定やってきた終了の爆音に耐え、

坐禅の奥深さを噛み締めたデビュー戦となった。

 

みなさんも心が乱れてるなと感じたら、ぜひいかがでしょうか?

 

こんなこと書いといてあれですが、

終わったあとはやたら気持ちがすっきりしてました。

また行きたいと思ったので、☆4つです。

 

アマゾンのレビューみたいになってしまったので、この辺で。