ミャンマーに潜むタナカの謎

 

あいも変わらず仕事の合間にミャンマーのことばかり調べている。

 

ミャンマーとは一体なんなのか。

 

東南アジアにある国である。

そんなことはわかっている。

 

こんなにも私を引きつけるこの国は一体なんなのか。

 

私が記憶を失う前になんらかの関わりを持っていたのか。

 

それとも、

私の生き別れた兄が彼の国に住んでいたのか。

 

いずれも釈然としない。

 

私には失った記憶も生き別れた兄もいないからかもしれない。

 

こんなことを考えていながらミャンマーを調べていくと、こんな記事に目が止まった。

 

ミャンマー女性のタナカ離れ』

 

日本で一大勢力を誇る"タナカ"から、ミャンマーの女性が離れていっている?

 

そもそもミャンマーでタナカは身近なものだったのか。

タナカから離れるとはどういうことか。

サトウやヤマダではだめだったのか。

私の友人のタナカとは関係あるのだろうか。

 

 

とりあえずの手がかりを求めて、友人のタナカに聞いてみた。

 

タナカ「俺がモテない理由がミャンマーにあったのか。」

 

私「君とは何も関係がないと知りながら聞いた私も悪いけれど、それとこれとは別問題だと思うの」

 

ーーーーーーーーーー

 

1980年、ミャンマー

 

世はタナカ全盛期。

 

街行く人々の話題はタナカばかり。

 

テレビでは美男子達が手を振りながら踊っている。

スターダンスユニット、TANAKA☆だ。

 リーダーのタナカを筆頭に、

人気No. 1のタナカ、歌唱力に定評があり、最近ソロ活動にも積極的なタナカなど、

個性豊かなメンバーが揃う。

 

 

かと思えば、バラエティ番組のアンケートで「今一番飼いたいペットはなんですか?」という質問に、2位の犬に圧倒的な差をつけ、タナカが1位となっていた。

 

他にも人気旅行先ランキング1位タナカ。

20歳になったらやってみたいことランキングの1位もタナカ。

 

 もはやタナカはミャンマーの一部となっていた。

国名をタナカにしようという過激派も現れた。

 

ザンギリ頭を叩いてみればタナカタナカと音がする。

そう、世はまさに大タナカ時代であった。

 

ーーーーーーーーーー

 

 

そんな時代は一体いずこへ。

 

今やミャン女(ミャンマー女性の略)は口ぐちに言う。

「タナカって何かダサくね?」

「昔の流行り物って感じ」

「今ソバージュにするみたいな絶妙なダサさ」

「タナカって響きがウケる」

 

 

推測するにこんな感じなんだろう。

タナカ離れとはこんな感じなんだろう。

 

 

ところで、タナカってなに?

 

疑問が一巡したところでやっとグーグルを開き、調べてみることにした。

「調べる前に、まず考えなさい」と教わったからだ。

 

曰く、タナカとは女性が施す化粧のことで、目の下とかに塗ったりするものらしい。

ファッション的な意味合いの他にも、美肌効果的なこともあったりと、なにかと便利なやつらしい。

 

そしてその化粧品の原料がタナカの木、ということであるらしい。

ミャンマー男性の中には、ミャン女のタナカ姿にキュンとする人も多いのだとか。

 

そんなタナカが、他国の文化が流入し始めた影響で、なくなってきていると。

 

しょうがないような、切ないような。

そんな記事だった。

 

 

海外にまで田中いんのかよw

とか、

田中って日本だけで充分だと思うなあ。

とか甘っちょろいこと言ってる場合ではなかった。

 

思いの外、文化のせめぎあいを考える結果になった。

 

ミャンマーでのタナカさんのご活躍、お祈りしております。